純金積立

費用負担の軽い金投資の方法の一つに純金積立があります。純金積立というのは、純金積立を取り扱っている事業者と契約を交わし、その際に決めておいた積立金額が毎月、自動的に指定しておいた口座から引き落とされることになります。引き落としになったお金はそのまま金に投資されるしくみです。

気になるのは毎月の積立金額がいくらになるのかということですが、安くて1,000~3,000円単位で増額することが可能です。もちろん、万単位での積立額に設定できる人は、その金額で問題ありません。そこまでお金に余裕がなくても、毎月コツコツ貯金していくような感覚で続けていけるのが、純金積立の魅力です。

積み立てる金額は毎月同じですので、日々変動する金の相場が高いときは購入量が少なく、相場が低いときには購入量が多くなります。誤って相場が高いときに買い過ぎてしまったり、相場が低いときに売却してしまったりというようなことは、株やFXでおかしてしまいがちな失敗です。純金積立では、このようないわゆる価格変動リスクを回避することが可能です。

なお、純金積立は貴金属取り扱い店、金融機関、商社などで用意されていますが、どこと取引するかでトータルのコストが異なります。購入手数料や年会費を各事業者で比べてみて、条件の良い取引先を決めましょう。